読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Evernote for Windows 6.0以降における「最近の検索」

Evernote for Windowsが6.0になった際に、検索の履歴が保存されなくなったのが不便に感じていました。例えば、「intitle: abc」のように、演算子を使用してあるタイトルを含むノートの検索をした場合などに、すぐ後にまた同じ検索をしたくなることがしばしば…

松尾豊『人工知能は人間を超えるか――ディープラーニングの先にあるもの』

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書) 作者: 松尾豊 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版 発売日: 2015/03/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (22件) を見る ここ1年ほどの間に、新聞などで人工知能(AI)につ…

河北新報社『河北新報のいちばん長い日――震災下の地元紙』

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙 作者: 河北新報社 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2011/10/27 メディア: 単行本 購入: 8人 クリック: 226回 この商品を含むブログ (51件) を見る いまさらながら読んでみました。本当は、震災から5年にあわせて…

鶏手羽元のグリル タンドリーチキン風

こちら 漬けてオーブンで焼くだけの料理は、(切ったり、ひんぱんに鍋を確認したりする必要がある料理に比べて)楽でよいです。

Ritzer and Stepnisky. 2013. Sociological Theory 9th Edition. Chapter 7. “Structural Functionalism, Systems Theory, and Conflict Theory.” pp.237-277.

Ritzer, George and Jeff Stepnisky. 2013. Sociological Theory 9th Edition. McGraw-Hill.

Coop

(1)久々にメトロに食事に行こうと思ったら、麺コーナーが15時で終了になっていて驚く→(2)予定を変えて中央に食事に行ってみたところ、券売機がなくすべて有人レジの対応になっていて驚く(入れ替えの時期なのでしょうか?)→(3)帰りに第二購買に寄って…

Zorn (2000) "Modeling Duration Dependence"

Zorn, Christoper J. W. 2000. "Modeling Duration Dependence." Political Analysis 8: 367-80. イベントヒストリー分析における時間依存性(duration dependence)と観察されない異質性(unobserved heterogeneity)の関係について、ここ数日の間に論文を…

Korpi and Palme (2003) "New Politics and Class Politics in the Context of Austerity and Globalization: Welfare State Regress in 18 Countries"

Korpi, Walter and Joakim Palme. 2003. "New Politics and Class Politics in the Context of Austerity and Globalization: Welfare State Regress in 18 Countries, 1975-95." American Political Science Review 97: 425-46. およそ5年前に研究会で発表…

Goldthorpe (1998) "Rational Action Theory for Sociology"

Goldthorpe, John H. 1998. "Rational Action Theory for Sociology." British Journal of Sociology 49: 167-92. 社会学的な合理的選択理論の特徴や目指す方向性を明らかにするために、合理的選択理論「内」の違いを扱った論文です。ちなみにGoldthorpeは、…

Xie (2005) "Methodological Contradictions of Contemporary Sociology"

Xie, Yu. 2005. "Methodological Contradictions of Contemporary Sociology." Michigan Quarterly Review 44:506-11. ほぼ全訳してみました。論文中に出てくるHorowitzの批判というのは、アメリカ社会学ではけっこう大きな影響を持ったのでしょうか。実証研…

SofTalk

一度書いた原稿は、何度も推敲したほうがよりよくなることは言うまでもありません。推敲することで、結論を踏まえた上での導入が可能になったり、各章・節の比率を調整できたり、あるいは誤字・脱字に気づけたりできます。 しかし書き上げた原稿は、特にあま…

Tsai and Kanomata (2011) "Educational Expansion and Inequality of Educational Opportunity: Taiwan and Japan"

Tsai, Shu-Ling and Nobuo Kanomata. 2011. "Educational Expansion and Inequality of Educational Opportunity: Taiwan and Japan." Sociological Theory and Methods 26: 179-95. MMI仮説における「飽和」(saturation)とは、実証的にはどの段階かを確か…

ささみのたたき

こちらを参考に。しばらくささみを調理しておらず、ふと思いついて作ってみました。久々のせいか、一本目の筋をとるのにやや手間取りました。 上記のリストでは、柚子胡椒はなかったので省略。アボカドとオリーブオイルをくわえました。

Card (1999) "The Causal Effect of Education on Earnings"

Card, David. 1999. "The Causal Effect of Education on Earnings." Pp. 1801-63 in Handbook of Labor Economics Volume 3, Part A., edited by O. C. Ashenfelter and D. Card. Amsterdam, The Netherlands: Elsevier. 今さらながら通して読みました(今…

イアン・マキューアン『未成年』

未成年 (新潮クレスト・ブックス) 作者: イアンマキューアン,Ian McEwan,村松潔 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/11/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 現代文学はふだんあまり読みません。『ノルウェイの森』の永沢さんをリスペ…

Fricke (2003) "Culture and Causality: An Anthropological Comment"

Fricke, Tom. 2003. "Culture and Causality: An Anthropological Comment." Population and Development Review 29:470-9. だいぶ前に一度読んだ論文ですが、読みなおしました。すぐに役に立つという類のものではありませんが、興味深いトピックです。 もし…

Veenhoven (2001) "Why Social Policy Needs Subjective Indicators"

Veenhoven, Ruut. 2001. "Why Social Policy Needs Subjective Indicators." Social Indicators Research 58:33-45. 導入 社会指標の研究では、「客観的」アプローチと「主観的」アプローチの間に、長い論争がある。客観的アプローチは、「ハード」な事実、…

[TED]ラッセル・フォスター「なぜ人は眠るのか?」

www.ted.com 「なぜ人は眠るのか?」(Why do we sleep?)というタイトルがついていますが、睡眠不足の危険性が主な内容と言えます。 脳の模型を持ちだして、「『使い方が分からない』という社会科学者からこれを借りてきたんだ」とジョークを飛ばしますが、…

『完全なるチェックメイト』

映画『完全なるチェックメイト』公式サイト PAWN SACRIFICE|TOP 渋谷で観てきました。アメリカの天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの人生を、彼が1972年の世界選手権で優勝するまでを中心に映画化したものです。当時の最年少でグランドマスターを…

Lucas (2001) "Effectively Maintained Inequality: Education Transitions, Track Mobility, and Social Background Effects"

Lucas, Samuel R. 2001. "Effectively Maintained Inequality: Education Transitions, Track Mobility, and Social Background Effects." American Journal of Sociology 106: 1642-90. 読むのは何回目かなのですが、通した理解がきちんとできていませんで…

[News]電力自由化で意識調査 「夫婦」「住居広い」世帯、契約変更に意欲 日経リサーチ

日経リサーチが行った、電力自由化についての意識調査の結果が記事になったものです。 自由化後に電力会社を切り替える意向があるかどうかを聞いたところ、家族構成別では「夫婦・パートナーのみ」で38.2%、「2世代(夫婦+子)」で37.0%が意向があると答え…

Brady and Bostic (2015) "Paradoxes of Social Policy: Welfare Transfers, Relative Poverty, and Redistribution Preferences"

Brady, David and Amie Bostic. 2015. “Paradoxes of Social Policy: Welfare Transfers, Relative Poverty, and Redistribution Preferences.” American Sociological Review 80: 268-98.

ランニング用グッズ

(ナイキ)Nike Product XL Hyper CrimsonDark AshReflective Silver dri-fit element shield シールド full フル zip ジップ チャック ジッパー jacket 服 アパレル ジャケット men's メンズ 男性用 - orange オレンジ / orange 【並行輸入品】 メディア: …

Grotenhuis et al. (2004) "The Method of Purging Applied to Repeated Cross-Sectional Data: Practical Applications Using Logistic and Linear Regression Analysis"

Grotenhuis, Manfred Te et al. 2004. "The Method of Purging Applied to Repeated Cross-Sectional Data: Practical Applications Using Logistic and Linear Regression Analysis." Quality and Quantity 38:1-16. 人口学で伝統のあるpurgingについての解…

Ritzer and Stepnisky. 2013. Sociological Theory 9th Edition. Chapter 6. "“A Historical Sketch of Sociological Theory: The Later Years." pp.189-236.

Ritzer, George and Jeff Stepnisky. 2013. Sociological Theory 9th Edition. McGraw-Hill.

村上春樹『職業としての小説家』

職業としての小説家 (Switch library) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: スイッチパブリッシング 発売日: 2015/09/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (37件) を見る タイトルは、マックス・ヴェーバーの『職業としての政治』に由来していることを感…

Wooldridge (2005) "Violating Ignorability of Treatment by Controlling for Too Many Factors."

Wooldridge, Jeffrey M. 2005. "Violating Ignorability of Treatment by Controlling for Too Many Factors." Econometric Theory 21:1026-8. "too many"とタイトルにありますが、議論されているのは処置変数に後続する変数(post-treatment variable)の統…

デイヴィッド・J・ハンド『「偶然」の統計学』

「偶然」の統計学 作者: デイヴィッド・J・ハンド,松井信彦 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/08/21 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 2ヶ月くらい前から少しずつ読み進めて、ようやく読了しました。私たちの日…

Buchmann et al. (2008) "Gender Inequalities in Education"

Buchmann, Claudia, Thomas A. DiPrete, and Anne McDaniel. 2008. "Gender Inequalities in Education." Annual Review of Sociology 34:319-37. Yさんから質問をいただいたことと関連する論文だったので、読み返しました。教育のジェンダー不平等に関して…

Clogg (1992) "The Impact of Sociological Methodology on Statistical Methodology"

Clogg, Clifford C. 1992. "The Impact of Sociological Methodology on Statistical Methodology." Statistical Science 7:183-96. 前に友だちに、「社会学独自の統計手法の発達について教えてほしい」というようなことを言われて紹介したことがある論文で…

Nee (1998) "Sources of the New Institutionalism"

Nee, Vicotor. 1998. "Sources of the New Institutionalism." Mary C. Brinton and Victor Nee eds. The New Institutionalism in Sociology. Stanford University Press, 1-16. 最初のあたりだけ、ごく適当にまとめました。というか、その後のDurkheimがど…

Holm and Jæger (2011) "Dealing with Selection Bias in Educational Transition Models: The Bivariate Probit Selection Model"

Holm, Anders and Mads Meier Jæger. 2011. "Dealing with Selection Bias in Educational Transition Models: The Bivariate Probit Selection Model." Research in Social Stratification and Mobility 29: 311-22. Mareによる教育の移行モデルは、異なる…

バーナード・マンデヴィル『蜂の寓話―私悪すなわち公益』

それゆえ不平はやめよ。馬鹿者だけが 偉大な蜂の巣を正直な巣にしようとする。 世の中の便益を享受し 戦争で名をあげながら、 ひどい悪徳もなく安楽に暮らそうなどは 頭脳にのみ巣くうむなしいユートピアだ。 欺瞞や奢侈や自負はなければならず そうしてこそ…

ベーコン、ホットケーキ

ベーコン 塩麹の活用を考えていて、ベーコンのレシピを見つけたので作ってみました。その辺のスーパーで売っている加工肉にはだいたい亜硝酸ナトリウムが入っているので、こういうのを作るとちょっとよい気分になります(あくまで気分)。塩加減は割と適当で…

Imbens and Rubin (2015) Chapter 1 "Causality: The Basic Framework"

Imbens, Guido W. and Donald B. Rubin. 2015. Causal Inference for Statistics, Social, and Biomedical Sciecnes: An Introduction. Cambridge University Press. SUTVAが最初の章からしっかり解説されています。また、SUTVAはあるユニットに対する処置が…

sedentary

仕事がら座りっぱなしのことが多く、また座っている時の姿勢が悪いので、しばらく前から肩や腰などの不調が続いていました。なるべく座っている時間を減らそうと思い、立ちながら作業ができるように研究室の棚をいじってみました。 ノートPCを設置できるよう…

Kahneman (2003) "A Perspective on Judgement and Choice: Mapping Bounded Rationality"

Kahneman, Daniel. 2003. "A Perspective on Judgement and Choice: Mapping Bounded Rationality." American Psychologist 58:697-720. Daniel Kahnemanのノーベル賞受賞講演をもとにした論文です。 ・プロスペクト理論の中心的なアイディアについて、value…

Ritzer and Stepnisky. 2013. Sociological Theory 9th Edition. Chapter 5. "Georg Simmel". pp.158-187.

Ritzer, George and Jeff Stepnisky. 2013. Sociological Theory 9th Edition. McGraw-Hill.

盛山(2015)「社会保障改革問題に関して社会学は何ができるか――コモンズ型の福祉国家をめざして」

盛山和夫,2015,「社会保障改革問題に関して社会学は何ができるか――コモンズ型の福祉国家をめざして」『社会学評論』66(2): 172-87. 「社会学は政策形成にいかに貢献しうるか」という特集の中の論文です。 社会保障改革において主張されているのは、主流は…

古宮昇『大学の授業を変える―臨床・教育心理学を活かした,学びを生む授業法』

大学の授業を変える―臨床・教育心理学を活かした、学びを生む授業法 (大阪経済大学研究叢書) 作者: 古宮昇 出版社/メーカー: 晃洋書房 発売日: 2004/08 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 自分も学生相手に授業をするよ…

神取道宏『ミクロ経済学の力』

ミクロ経済学の力 作者: 神取道宏 出版社/メーカー: 日本評論社 発売日: 2014/09/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (13件) を見る 第1部まで読みました。 「一流のものに触れよ」というゲーテの言葉がありますが、やはり第一人者の書いた教科書は勉…

「勉強しろよ してねーのわかんだよ」

『3月のライオン』の第2巻より。離婚直前で、最後のクリスマスを家族と過ごすことになっている安井六段との対局が終わり、相手からふてくされた態度をとられた後のシーンです。 現代将棋は事前の研究が必須の世界になっていると言われており、こうした状況は…

Acker(1973)における母集団の構成比率というロジック

こちらの記事をたまたま目にしました。納得のゆく主張も多いのですが、ひとつ気になったのが、下記のツイートです。 1973年、ジョアン・アッカーがアカデミアにおけるセクシズムを告発した。男性しか調査していないのにあたかもすべての成人に共通する分析で…

Morgan and Winship (2007) Chapter 6 "Identification in the Absence of a Complete Model of Causal Exposure"

Morgan, Stephen L. and Christopher Winship. 2007. Counterfactuals and Causal Inference: Methods and Principles for Social Research. New York: Cambridge University Press. 数年前に1度通読していますが、あらためて読んで勉強することが多いという…

Williamson (1993) "Contested Exchange Versus the Governance of Contractual Relations"

Williamson, Oliver E. 1993. "Contested Exchange Versus the Governance of Contractual Relations." Journal of Economic Perspectives 7:103-8. Samuel BowlesとHerbert Gintisの1993年の論文に対する、Williamsonからのコメントです。完全情報・完全競…

タリーズ

スターバックスは無料の公衆Wi-Fiを提供しているので、出張先などでは重宝します。ちょっと作業をしたい時に自宅近くにもスタバがあればなあ、と常々思っていました。 今日たまたま、タリーズにもWi-Fiのサービスがあることを知りました。タリーズは自宅から…

Ritzer and Stepnisky. 2013. Sociological Theory 9th Edition. Chapter 4. "Max Weber". pp.112-57.

Ritzer, George and Jeff Stepnisky. 2013. Sociological Theory 9th Edition. McGraw-Hill.

Elwert and Winship(2010)"Effect Heterogeneity and Bias in Main-Effects-Only Regression Models"

Elwert, Felix and Christopher Winship. 2010. "Effect Heterogeneity and Bias in Main-Effects-Only Regression Models." Rina Dechter et al. eds. Heuristics, Probability and Causality: A Tribute to Judea Pearl. College Publications. UK, 327-36…

金森修『科学の危機』

科学の危機 (集英社新書) 作者: 金森修 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2015/04/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 第1章 科学の自覚 第2章 科学の変質 第3章 ある科学者の肖像 第4章 科学批判の諸相 第5章 科学の文化的批判に向けて …

Miles(2015)"The (Re)genesis of Values: Examining the Importance of Values for Action"

Miles, Andrew. 2015. "The (Re)genesis of Values: Examining the Importance of Values for Action." American Sociological Review 80:680-704. 本論文では、価値(values)が行為(action)に与える影響について検討されています。価値と行為の関係性は…