読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落合尚之『罪と罰』(1)-(5)

漫画

罪と罰 1 (アクションコミックス)
罪と罰 2 (アクションコミックス)
罪と罰 (3) (アクションコミックス)
罪と罰(5) (アクションコミックス)
罪と罰(4) (アクションコミックス)

何だか最近、池袋ジュンク堂に行くたびに漫画を買っている気がする。


ドストエーフスキイの『罪と罰』を現代日本を舞台に漫画化したもの。漫画というメディアの強烈さなのか、活字よりもグロテスクで病的な感じが伝わってきた。登場人物の性格の「過剰さ」がドスト文学の魅力の一つなわけであるけれども、本作は現代の日本で描き直されているために、「こんな人間実際にはいない、けれどもどこか分かる気がする」という効果がより際立っている。


しかし、ラスコーリニコフが、「半ニートの引きこもり」になってしまうとは面白い。それから、スヴィドリガイロフがかっこよくなりすぎでちょっと笑える。