読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Grotenhuis et al. (2004) "The Method of Purging Applied to Repeated Cross-Sectional Data: Practical Applications Using Logistic and Linear Regression Analysis"

論文

Grotenhuis, Manfred Te et al. 2004. "The Method of Purging Applied to Repeated Cross-Sectional Data: Practical Applications Using Logistic and Linear Regression Analysis." Quality and Quantity 38:1-16.

 人口学で伝統のあるpurgingについての解説論文です。読むのは何回目かなのですが、いまいちよくわかっていませんでした。今回はappendixに載っているコードを走らせてみたことで、少し理解が進みました。やはり自分の手を動かしてみないとダメですね。

 計量経済学で発展してきた(BlinderとOaxacaなど)、decompositionの方法とも関連するところがあると思うのですが、どのように統一的に理解したらよいのかはまだ分かっていません。計量経済学ではそれぞれの変数について連続変数を想定しているのに対して、人口学の方では離散的変数をもともとは考えてきているのは、一つの違いでしょうか。