読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『完全なるチェックメイト』

 

映画『完全なるチェックメイト』公式サイト PAWN SACRIFICE|TOP

 

 渋谷で観てきました。アメリカの天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの人生を、彼が1972年の世界選手権で優勝するまでを中心に映画化したものです。当時の最年少でグランドマスターを獲得する才能を示す一方で、奇抜な行動で周囲を戸惑わせ続けるというフィクションとしても魅力的な人物像です。 

 盤上の思考に沈むうちに、フィッシャーが狂気に囚われてゆく様子は、チェスの奥深さと恐ろしさを見せつけられるようです。数学者が難問の証明に挑むうちに精神をおかしくするというエピソードがありますが、同じような世界があるのかもしれません。

 

 劇中でハイライトとなっているスパスキーとの第6試合は、調べると棋譜や解説がいろいろと出てきますね。

 


Amazing Game: Bobby Fischer vs Boris Spassky 1972 Game 6 - Queens Gambit Declined - Brilliancy!

 

 原題になっている"Pawn Sacrifice"は、ポーンをe4に移動させた手のことを直接には指しているのだと思いましたが、Wikipediaによると、アメリカとソ連の冷戦下の頭脳戦争という意味で、両プレイヤーをそれぞれの国のポーンにたとえているようです。