読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Propensity score matching using psmatch2 by Stata

 Stata13からははteffectsという公式のコマンドで傾向スコア分析ができるようになっていますが、それ以前はユーザー提供のadoファイルによって実行するのが普通でした。そのうちの一つであるpsmatch2の使い方について、備忘録代わりにまとめてみました。

 

*Incorporate ado-file
ssc install psmatch2

 

*Nearest neighbor matching
psmatch2 tvar $xvars, outcome(yvar) logit common

 

*Radius matching
psmatch2 tvar $xvars, outcome(yvar) logit radius caliper(.01) common

 

*Local linear matching
psmatch2 tvar $xvars, outcome(yvar) logit llr bwidth(.01) common

 

*Check balance (after psmatch2)
pstest, both

 

*Check overlap (after psmatch2)
psgraph

 

*Sensitivity analysis (after psmatch2)
ssc install rbounds
gen delta = yvar - _yvar if _treated==1 & _support==1
rbounds delta, gamma(1 (0.1) 2)

 

 ちなみにStata14のteffectsでは共変量のバランスチェックもできるようになっているようです。