読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽田・苅谷(2017)「世界と大学。」

メモ

羽田正・苅谷剛彦,2017,「世界と大学。」『淡青』34: 3-7.

 

羽田 大学の話に戻しますと、日本語での教育をきちんとやると同時に、日本語の知の体系をどのように英語にして教え、理解させるかという点も重要です。東大がこれをうまくできれば、他大にはないアドバンテージになります。
苅谷 実は、私がオックスフォードの授業でやっているのはまさにそのためです。私の強みは圧倒的に日本語が読めること。英語の文献を使って日本のことを教える際、元の日本の現象や日本語文献との間にどんなずれがあるか、そのずれにどんな意味があるかは、重要なテーマとなります。そこを考えれば日本からの発想で何かが生まれることになる。日本の大学は英語の授業を増やそうとしていますが、単純に教員を外国人に置き換えたらいいわけではないですね。たとえば、母国語でも一種の異文化として接するようなセンスが必要です。

[pp.5-6]

羽田 自分の本を翻訳する際、このままだと日本人以外には通じないな、と感じることがあります。翻訳を前提に書くのと、翻訳を前提にせず書くのとでは、書き方が変わりますね。
苅谷 英語で書く場合でも論文と本では書くスキルが違うことも重要な点です。研究を正しく伝える論文と、一つの世界が映し出される本の差は、分野を問わずあります。英語論文の書き方と同様に、英語に翻訳される本のノウハウはある程度教えられるはず。そのプロデュース力が加われば、日本語で書かれた知の有効性はもっと強くなると思います

[p.6]

 

 大学ランキングでは外国人教員比率が重視される場合があるので、そうした面での国際化に向けて、しばしばドラスティックな改革目標が掲げられることがあります。

 しかし苅谷先生がおっしゃられるように、「日本語で蓄積された知識を適切に翻訳して伝えられる人材の増加」という意味での国際化は、やはり漸進的なものにならざるをえないのではないかと感じました。